B4チラシ.comロゴ
価格表
配送料
入稿の流れ
入稿する

 

データ制作における注意

データ制作についてのご注意

データの作り方やアプリケーションの操作方法についてはサポートしておりません。 マニュアル、解説本等をご確認くださいませ。また、印刷の一般的な約束事を守ってデータ作成してください。約束事を守らないために、出力結果がお客様の意図と違った場合でも、一切保障いたしません。

色校正は行っておりません。コストを極力下げるための措置ですのでご了承ください。

 

データチェックについてのご注意

完全データ(修正のないデータ)で入稿いただいているという前提で、データチェックを行います。この場合のデータチェックとは、印刷のできるデータであることを確認するために行うものです。弊社では誤字・脱字等をチェックする「校正」は一切行いません。

 

データに不備を発見した場合、お客様にメールにてご連絡いたします。お客様側で修正のうえ、再入校してください。なお、納期の計算は再入校が完了した時点から開始いたします。

 

※データチェックを行わないのは、価格を限界まで下げるためのコスト削減の措置です。あらかじめご了承くださいませ。

対応アプリケーション Adobe Illustrator (CS2まで)

※文字のアウトライン必須

  • CS2以降のバージョンをお使いの方は、CS2までバージョンを落としてください。
  • トンボは必ず付けてください。⇒トンボについて
  • フォントはすべてアウトライン化をしてください。フォントデータを添付してご入校になっても出力できません。
  • カラーモードはカラーの場合RGBではなくCMYKにしてください。 (グレースケールの場合も同様です。)
  • 配置画像は実データを配置してください。アタリ画像で入稿しても、当社では実画像に置き換えません。配置画像は原寸で配置してください。
    イラストレータ上で拡大・縮小・トリミングはしないでください。同じフォルダ内の同じ階層に画像を入れてご入稿ください。⇒配置画像について
  • 線は必ず0.25pt以上で設定してください。「塗り」で設定された線(ヘアライン)は画像やプリンターでは表示・出力されますが、印刷では表現されません。また、「線」で設定していても、0.25pt以下の細い線に関しても同様です。

トンボについて

トンボは、イラストレータのメニューから
「フィルタ」→「トリムマーク」より
制作してください。

 

■内トンボでマスクをかけてください。

※袋断裁の場合は一般的に黒い罫線で囲みますが、内容やデザインによっては付けなくても構いません。

 

※注意: 内トンボの外にはみ出している部分も印刷されます。
内トンボ

配置データ

1.まずはフォトショップデータを「EPS」形式で保存してください。

2.その際「EPSオプション」の設定を

配置データ

 

3.保存した「EPS」形式データを
「ファイル」→「配置」します。

4.「配置」の際のダイアログで
「リンク」にチェックしてください。

配置データ

 

※画面上では粗く見えますが、異常ではありません。

配置データは、イラストレーターのデータと一緒に一つのフォルダにまとめて入稿してください。

配置データが入っていませんと、データ不備の原因となります。

ブログ会社概要